安全教育は理解しやすい言語で行ってこそ意味があります!

今や日本の製造現場では欠かせない存在である外国人就労者への教育は習慣や言葉の違いなどもあり、難しいと手薄になっている会社さまが少なくありません。 

今日本で行われている安全講習はすべて日本人基準で行われており、テキストや講習内容が日本語で分らない、資料を渡されたが難しすぎて外国人就労者が理解できないという問題もでています。


実際このような声を多く聞きます

●外国人就労者にも今迄の新人と同じように教育を行っているが、正直日本語の意味や、専門用語を理解できているのか心配!

 

●作業は問題ないが理論的な部分をもう少し教えたい。しかし専門書はどれもこれも難しい上日本語しか無く難しすぎる!


【外国人就労者向け】といしの交換と試運転に関わる特別教育E-ラーニング講習


機械研削・自由研削コース

 実施言語 中国語
概要 現場で欠かせない機械と自由が両方学べるコースです。
講習時間 学科7時間・実技5時間 = 計12時間
講習料金 20,000円(税抜)

講習概要

受講方法

 基本的に動画コンテンツによるE-learning講習のみとなっております。

  ・USBによるeラーニング動画コンテンツ+講習用資料+修了検定

  ・講習は動画コンテンツを視聴して頂きその後簡単な小テスト/実技を行って頂きます。 

 

お問い合わせは「メールのみ」とさせて頂き、返信は「3営業日以内」とさせてもらいます 。
株式会社日本製造京都工芸社
・担当:植田遼太
・京都営業所:京都府京都市下京区中堂寺粟田町93 
              3階 サービスオフィス KRP BIZ NEXT
・営業時間:10:00~17:00 
・定休日:土日祝及び水曜